水素水の種類

水素水の種類

水素水は、製造方法によって種類が異なり、専用ボトル、アルミパウチ、スティックタイプ、サーバータイプ、水道直結式、生成器などがあり、それぞれ特徴が異なります。
専用ボトルやアルミパウチは、工場で水の中に水素ガスを充填して真空の状態で出荷され、水素濃度は限界値である1.57ppm以上の物が多いですが、開封と同時に水素が抜けてしまうので素早く飲む必要があり、時間の経過と共に水素は減少します。
スティックタイプは、水とマグネシウムの化学反応によって水素を発生させるシステムで、手軽に水素水が生成できますが、水素の量は水に溶け込んでいる状態ではなく、水素ガスが発生している状態が多く、開封と同時に水素は抜けます。
サーバータイプは、生成された水は貯水タンクに集められるので、生成時の水素濃度が高い状態でも、時間の経過と共に減少するので誤差が生じる場合があります。
水道直結式は、直接水道に取り付けて生成するタイプですが、実際に水の中に溶存している水素濃度は低く、0.1~0.2ppm程度の物が多いです。
生成器は、様々な種類の製品がありますが、水素濃度が1.0ppm前後と高濃度の水素水の生成を可能にした物で、健康維持や疾患などを予防改善する目的などに適しています。