生活上手は節電上手

生活上手は節電上手

人は生きてためには、お金が必要です。
大切に使うことが、お金を上手に使うことにつながり、また生活上手につながります。
特に暖房などで電気代を使いますので、こちらを上手に節電をしていきたいものです。
冬になれ石油ファンヒーターを使います。
その上にコタツの電気を使えばかなりの金額になってしまいます。
少しでも節電をしたいのであれば、ヒーターからホースを引いて、コタツに暖かい空気を送り込みましょう。
暖をとるだけでなく、扇風機を回すことで空気を巡回させ、結果空気が隅々まで暖かい空気を回していくので、電気代も節約できます。
また、灯ですが和室の電気であれば、蛍光灯の周りにアルミホイルを蒔くことにより2つの蛍光灯で電気をつけずに1つの蛍光灯で二つ分の明るさにもなります。
アルミホイルに光が反射するのでその分、明かるくなるのです。
また節電するのに役立つのがお米です。
炊飯器を炊く際には、炊けるだけ炊いて食べない分は冷凍しておいてください。
そうすることで炊き上がった際の保温時間をせずに電子レンジでチンをすれば電気代も節約できます。
さらに、冷凍庫に冷蔵庫を季節に合わせて、温度調整をするだけでも大きく変わってきます。
たったこれだけというものが、大きなものとなるのです。
電力自由化ライフ